日本茶普及海外ツアー

日本茶セミナー in ハーグ(オランダ)

この日は、オランダの首都デン・ハーグにあるインターナショナル・ティー&コーヒー・アカデミー(ITC)にて、日本茶セミナーを開催させていただきました。

今年のヨーロッパツアーの特徴の一つに参加者の方がとても少ないという悲しいものがあります。いつものことですが、集客はホストに完全にお任せしているのですが、今年はどこも軒並みに集まってくださる人数が少ないのです。涙

その理由は、ホスト側にあるのではなく、明らかにこちらの問題なのだなあと深く反省しております。理由は明確なのですが、国際日本茶協会はまだまだ無名の存在でしかないということです。

今年から海外ツアーは国際日本茶協会のクレジットで回らせていただいています。その結果、国際日本茶協会がまだまだ知られていないためにとてもマニアックな方が集まってくださったというのが今年でした。

集客人数は多いと確かに盛り上がります。過去にリヨン第3大学やロンドンのジャパニーズソサイエティで開催させていただいた際には、100人以上がお集まりくださり、さて一体どうしてお茶をお出ししようかというような基本的なところでうれしい悲鳴という状況もありました。(すごくエキサイティング!)

ですが、人数が多いと当たり前の話ですが、お一人ずつとお話しすることは不可能です。しかし人数が少ないとじっくりいろんなお話をさせていただく事が可能です。

ちなみに今回のホスト、ITCさんとは、過去5年に渡り、毎年訪問させていただだいており、これまでにのべ200人以上の生徒さんに日本茶をご紹介させていただきました。しかし、これまでは忙しすぎてITCの代表のリチャードさんとじっくり話す機会がほとんどありませんでした。

今回、少人数であったこともあり、じっくりお話しする事ができ、今後の話もたっぷりする事ができました。

と前置きがかなり長くなりましたが、この日の日本茶セミナーでも6種類以上の日本茶を飲んでもらい、色々な濃いお話をさせていただきました。

毎年ちがってて、それぞれに意味があるのだなあと思う今回のITCでの日本茶セミナーでした。

来てくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。